2010年05月10日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ とりあえず最終回

少しずつアップしてきた “うさぎ・こうさぎ部屋グッズ” ですが、とりあえず今日で最終回にしようと思います。ある時ふっと、再開するかもしれませんが…。


最後のご紹介は、音符積み木です。

IMG_5996.jpg


年季入りまくり!

これはもうピアノ教室では定番のものなので、あえてずっとアップしないでいました。
でも、レッスンの中ではやはり出番が多いので、この積み木をアップして最終回としたいと思います。



普通に積み重ねて音価の確認をしたり…

IMG_5997.jpg



リズム打ちの練習の時には、積み木の箱の蓋を目隠しにしながら、生徒さんに見えないように並べ…
さあ、今から見せるから覚えてね!

IMG_6004.jpg

せ〜の!

IMG_6001.jpg

さあ覚えて!

IMG_6003.jpg

ぱっと隠して おしまいっ! では、今覚えたリズムを叩いてみましょう〜
なんてことをしてみたり。



持って重さを比べたり。

IMG_6006.jpg

子供の手には、この差はなかなか大きい!
音価を“重さ”で体感させるって、とてもいい方法だと思います。


両手の異なるリズムを打つ練習には、こんな感じで縦に並べて積み木をうちます。

IMG_6012.jpg



他にも使い方はいろいろ、大人の方のレッスンでも、この積み木はよく登場します。

改めてみると小さいキズが結構ありますが、それだけたくさんの生徒さんがこの積み木で学んできた証拠。

明日も、出番があるかな、積み木くん。


posted by kaorico at 22:51| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2010年01月22日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 14

地球儀です。

IMG_5522.jpg


レッスン室にはある意味なくてはならない物のように思いますが、その昔、講師になりたての頃に出張で行っていた教室で、地球儀(もしくは世界地図)が置いてあるレッスン室はありませんでした。

恩師のR先生が、ピアノの教本を監修された際、最終ページに世界地図を入れていらっしゃいました。
「どうしても入れたかったのよ」と、おっしゃっていた覚えがあります。
地球儀や世界地図が常備されていないレッスン室は、今もそれなりにあるのかもしれません。

かくいう私も、かつては その都度 楽譜の余白に世界地図をざざっと描いて説明していた事もあり、お安くて場所をとらない、ビーチボールの地球儀を置いていた事もありました。

今は、小さくて かわいいこの地球儀が置いてあります。


レッスンの中ではもちろん、最近では「音楽史のおはなし」「音がクイズ大会」で、この地球儀は大活躍。特に「音がクイズ大会」での音楽のリスニング問題、聴いた音楽が どこの国(地域)の音楽か当てる問題では、特に重宝しました。


地球儀の他に、レッスン室には下記の絵本も置いてあります。

「こどもがはじめてであう せかいちず絵本」作・絵 とだ こうしろう
(戸田デザイン研究室 発行)

こちらは「この本、うちにもあるよ!」という生徒さんも多いです。
地図絵本のスタンダードなんですね…きっと。

シンプルでカラフルに、ポイントを押さえて編集されているので、小さな子供達には、細かい地球儀よりこちらの方が見やすいかと思います。


ピアノやオルガンのレッスンの中で、ただひたすら弾くのではなく、世界に目を向けて知識を得ながら音楽を学べたら、それはとても素敵な事と思います。
posted by kaorico at 11:48| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2010年01月16日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 13

レッスンの合間にちょっと一服、愛用のマグカップ。

IMG_5499.jpg


…ではありません!

これはですね、中からコードが出てきまして…

IMG_5503.jpg


このようにして使います。
つまり、ipodなど、携帯オーディオ用のスピーカーなのです。

IMG_5514.jpg



もともと、レッスンに便利と思って購入した訳ではありません。
キッチンや洗面所、どこにでも持って行って聞けるので便利だなあと思って購入しました。

底から音が出るので、スピーカーの置き場所によって音質にはかなり差が出るのですが、なんといってもコードレスで身軽な事が魅力です。


いつのまにか、このマグカップがレッスン室に常備されるようになりました。

レッスンの後「先生、○○って知ってる?」と ipodを取り出して、お気に入りのアーティストの音楽を聞かせてもらう事が今までも結構ありました。(これがなかなか、流行を知るにはいい情報源で…)
少し前までは「ちょっとごめんね」と言ってイヤホンを借りていましたが、このスピーカーがあれば、一緒に聴く事ができて便利です。

いろんなピアニストの演奏を聴き比べたいときなども、私の持っているCDだけでなく、生徒さんのipodに入っているピアニストの演奏もすぐに聴き比べる事ができます。

複数のピアニストの演奏を聴き比べながらの会話では、個々の生徒さんの個性、感覚が感じとられ、もちろん好みも垣間見られたりして、本当に楽しいものです。

こういうグッズが、ピアノレッスン室グッズになる時代なんですねえ。



「先生、聴いて聴いて」があるみなさん、ipodに入れてきてくれたら、レッスンで一緒に聴けますよ♪ みんなが普段どんな音楽を聴いているかは、とても興味があります。また持ってきて聴かせてね。

さてさてこのマグカップ、
私が購入した時には、黒と白しかなかったのですが、今は水色やピンクなど、新色いっぱいのようです。
(かわいい色、欲しい)

レッスン室だけでなく、いろんな所で、きっと便利です。
posted by kaorico at 01:27| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年11月21日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 12

ピアノ、オルガン用のおそうじグッズ達です。

IMG_5206.jpg

ピンクの手袋は ただの手袋ではなく、実は超極細繊維で出来ています。
少々の汚れならクリーナーをつけなくてもとてもよく落ちるので、このまま手にはめて、細かいところも簡単おそうじです。

IMG_5212.jpg


クリーナーをつけて右手で拭いたあと、左手にはめ変えて空拭き、という使い方もできて重宝しています。


この手袋は楽器以外でも、電話やパソコンのキーボード、家中のスイッチ類、ドアノブ等の お掃除におすすめです。(…というか、もともとそういった物のためのお掃除用でした)暮れの大掃除の際でも、よろしければお試しください♪



ピアノもオルガンもホコリが目立つ色なので、ハタキは必需品。

うさぎ部屋には大きいハタキ、こうさぎ部屋には写真の小さいお花形のハタキが常備してあります。
大きいハタキは写真には写っていませんが(あまり美しい物ではなかったので…)大小共にハタキ部分はウールでできています。

IMG_5209.jpg

細かいところも便利便利。ウールでお掃除なんて、ちょっと贅沢ですね。

あとは定番のピアノ拭きクロスと、ピアノユニコン。
鍵盤拭きクロスと鍵盤クリーナー。

初めてのピアノが家に届いたとき、楽器屋さんがピッカピカに磨き上げながら「ピアノはね、こうして いつも鏡のように」と笑顔で教えて下さった事をとてもよく覚えています。

楽器を大切に愛おしむ心は、間違いなく演奏の上達につながると思います。

小山教室のみなさん! 
明日からの連休、どこかでピアノ磨きの時間をつくりましょうか。
きっとそれだけで、ちょっと音色が変わるかも?です。

posted by kaorico at 01:18| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年11月10日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 11

今回は “吹く” 楽器ばかり並べてみました。

決して “笑っちゃう” 楽器ではありません。あしからず。
(今どきの言葉だと、思わず笑っちゃった=吹き出した=吹いた、って言うみたいなので…)

IMG_5097.jpg


でも、右端の「スライドホイッスル」は、笑っちゃう楽器かもしれません。
トロンボーンのように“ポルタメント奏法”が出来て、ちょっと滑稽なイメージの音が出ます。
この音は とてもウケるので、ボランティアのコンサートや発表会で効果音のような使い方をしてきました。


かわいい鳥の形の「鳥の水笛」と、赤い木製のホイッスルは以前紹介させて頂いた「ひも通し」などと同じ、ヨーロッパの輸入おもちゃ屋さんで見つけたものです。

水笛は、背中の穴に水を入れて吹くと本当に鳥の鳴き声のような音がします。
音も形も、とってもかわいい!!

水の量も、吹く力加減もなかなか難しく、小さな生徒さんにお願いすると水が飛び散りかねないので、なかなか使えないのが難点。
でも、コツをつかんだら、ちゃんとかわいい鳥の声になります。

赤いホイッスルは、こうさぎ達の小さいころのおもちゃ兼アクセサリーでした。ちょっとおしゃれでかわいいでしょう。

まん中の、まあるいペンダント型のオカリナは、その昔スペインに行った時のお土産です。
この4つ穴のドレミの運指が覚えられなくて、まともに吹けないまま現在に至ってしまっていて、もったいないもったいない。

ちょっと調べたら、ヨーロッパでは学校教材としてこの4つ穴のオカリナが認められていて、対象は5歳以上とあります。
ドレミの運指が覚えられないなんて、言っていられませんねっ!
ちょっとづつでも、覚えていこう!

「はいはい、そうですか」という こうさぎのツッコミが聞こえそうです。
3日後には、うさぎ先生スライドホイッスル吹いてるかもしれません。。。

posted by kaorico at 22:39| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年10月10日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 10

日本のスズキ楽器製「音積み木」です。

IMG_4862.jpg


1音1音、積み木のような形をしていて、写真のように階段状に並べる事の出来る専用のスタンドがついています。

この形で教室に置いておいた事は全くなかったので「え〜こんなのがあったの!?」と言われちゃいそうです。

とはいえ、全く使ってこなかった訳ではもちろんありません。
ドの積み木だけ持ってもらって、ミュージックベルと合わせたり、ソとレだけ取り出して演奏してもらい、歌やピアノとアンサンブルしたり…。

いくつかの音を取り出して使って来てはいたけれど、写真のようにドレミファ…と順に階段状に並べた状態で使った事が、今までないのです。

それは、どうしてかというと…

小山音楽教室では、江口式の絶対音感プログラムで絶対音感のおけいこをしている生徒さんがいらっしゃるのですが、進度によっては音の高低を見える形で伝えてしまう事が、おけいこの妨げになるからです。

そんな訳で、ずっとこのかわいらしい階段状のスタンドは、仕舞い込んでありました。

でも、今現在絶対音感のおけいこをしている生徒さんで、この階段状の音積み木がおけいこの妨げになる生徒さんはいらっしゃらないので、ブログでのご紹介を機会に、こうさぎ部屋に設置しました。

しばらく置いておくので、レッスンに来た時ちょっと遊んでいいですよ♪


鉄琴つながりで、こちらはドイツ製の小さなグロッケンです。
これは こうさぎ達のおもちゃとして使っていたもので、レッスングッズという訳ではなく、おまけのご紹介。

IMG_4870.jpg


使い倒してありますね…。
江口メソードの絵音符シールも貼ってあります。

このグロッケンのいいところは、いらない音を外して、5音音階とか、“ヨナ抜き”とか、長調以外の音階にしてしまって、子供が即興で適当に鳴らしても、ちゃんときれいな“音楽”になるよう、あらかじめ設定してあげることができることです。

こうさぎ達がホントに小さい頃には(絶対音感のおけいこの進度もありましたし)5音音階に設定して、外した音は隠していました。


5音音階設定は、聴き手にとってもいい設定になります。
決して濁らないし、どこで終わっても落ち着きますから。

仮に、ちゃんとハ長調の音階になっていたら、やっぱりドで終わってくれないと落ち着かないではないですか… あの、信号を渡る時の音楽が、途中で止まっちゃった時の、あの落ち着かない感じ。。。ね?そうでしょう〜。

これで育った こうさぎ が、先日歯医者さんでレントゲンを撮ったのですが、撮影中なぜか流れるメロディは「エリーゼのために」
当然のように、おもいきりフレーズの途中で撮影終了。「はい、終わりました〜」となるのです。
「あれ、落ち着かへんねんけど!」と言って、やや憤慨気味のこうさぎでした。わかるわかる!!


…閑話休題

小さい子供の時には、その子の近くにある楽器が、きれいな音色であること。
音階のある楽器であれば、(音名を教えるのはもっと後からだったとしても)正確な音程の楽器であることが重要と考えています。

(ああでもそれは、小さい子供に限った事ではないですね…)


「音積み木」の方は、ファのシャープの音が、「グロッケン」にはファのシャープとシのフラットの音が付属されていて、ト長調やヘ長調の曲にも対応できるようになっています。
posted by kaorico at 21:44| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年10月02日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 9

久々、のグッズ紹介です。
チ〜〜ン!と響く楽器を集めてみました。

IMG_4839.jpg

なんだかどれも年季が入りつつあり… ちゃんと磨いてあげないと、です。



まずは左上、特に珍しくはないトライアングル、小山教室のトライアングルはとても小さいものを用意しています。
トライアングルって、小さなお子さんほど使いたい楽器なのに結構重いので、あえて小さいものを選びました。トライアングルに限っては“小は大を兼ねる”なのです。

昔、まだ4歳くらいだった生徒さんに、トライアングルの内角にスティックを入れて、細かく左右に振らせてトレモロを鳴らす“技”を伝えた時の事です。
彼女は目を輝かせて、一生懸命にスティックを左右に振りました。

チリチリチリチリチリ〜ン!

…と同時に、トライアングルに夢中であ〜んとかわいく開いたお口の中では、これまたかわいい舌が、すばやく左右に振れていたのでした。

こういう瞬間が、ホントに一番、この仕事をしていてよかったなあ!!と思います。



右上は、エナジーチャイムという名前がついていました。
とても澄んだ音色で、長く長く音が響きます。

エナジーチャイムは、単独で鳴らして、音の行方に耳を澄ます経験のひとつとして用いる事が多いです。
「静かにしなさい」とか「ちゃんと最後まで聞いて!」などと言うより「この音、どこまで伸びるかな…」と一回鳴らしてあげる方が、子供達は静かに、音に集中する経験ができると思います。



手前は、フィンガーシンバル。
ゴムの部分を指でつまんで、両方のシンバルのエッジを合わせて鳴らします。
この大きさで、通常のシンバルのようにお向かい合わせで鳴らすと、おもちゃのお猿さんのようになってしまいますよね…。

クリスマスレッスンの時など、フィンガーシンバルは大活躍でした。
とても硬質な響きですが、かわいい音がします。
1つ1つ音程にズレあるので、そのため気どらない、少し素朴な音色になるのかなと思います。



チ〜ンと鳴る楽器、まだあるのです。

ある理由があって、ずっとしまい込んであったので、教室の生徒さんもほとんど知らないのではと思います。(持ってる意味がない!?)
次回ブログ掲載をきっかけに、こうさぎ部屋にて解禁することにしようかな。

ではまた次回。。
posted by kaorico at 22:54| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年08月02日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 8

うさぎ部屋のたいこ達です。

IMG_4162.jpg


子供用ですが、全部 REMO社のもので本格的!音の質はとてもいいです。

左が キッズフロアタム 
マレットでも、スティックでも、手でも叩く事ができて、それぞれ音が(当たり前ですが)変わるので、いろんな使い方ができます、
よく、生徒さんと私の間にこの たいこを置いて、お向かい合わせに座って使います。

細長いものが キッズコンガ
ストラップを付けて、肩にかけて叩く事もできます。
発表会では、生徒さんがコンガを叩きながら客席通路を歩いてきて、ステージに登場!など、楽しく使ってきました。

キャンディみたいなドラムは、その名も ロリポップドラム といいます。
「おいしそうだけど、なめちゃだめよ」と言うと、ほぼ100%こども達はぺろんとなめるマネをして、にっこり笑ってくれます。(かわいい、かわいい!)
マレットもちゃんと虹色キャンディになっています。
これも歩きながら叩けるので、愉快に使えます。

この辺りの楽器の商品情報や、使い方アイデアは、ほとんど音楽療法のセミナーで得てきました。
“音楽療法”というと、何か治療を必要とする人のためのもののように思われがちですが、療法的なアプローチは、普段のレッスンの中でも大変効果的に使う事ができると考えています。

そうは言っても まだまだ難しく、日々精進…の、うさぎ先生です。


posted by kaorico at 19:05| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年07月31日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 7

今回からしばらく、小さな楽器達に登場してもらおうと思います。

IMG_4158.jpg

“ジングルバンド”という鈴です。
すばらしく綺麗な鈴の音で、ステージでも音量も充分。とても美しく響きます。

レッスン、イベント、ボランティアのコンサートでも、この鈴は本当に活躍してきました。
ボランティアに出かける鞄の中では、まあ軽やかに鳴ってくれて、サンタクロース気分で出かけたものでした。

去年のリレーフォーライフ(私もスタッフとして参加させてもらっている、がん患者さん支援イベントです)でも、この鈴を手首につけて歩いてくれたチームがありました。
彼女達が拍手をする度、涼やかな音色がフィールドに響いて、気持ちも晴れやかになりました。

このジングルバンド、写真のようにマジックテープで手首に巻いて使う事ができます。鈴だけ輪にして持つ事もできます。

足首に巻くと、ステップする度にきれいな鈴の音が響くので、生徒さんの足首につけて走ってもらうだけで、素敵な音楽になります。

でも…ずっと前ですが「足首にも巻けるわよ!」と言ったら、生徒さんに「せんせ〜、届かへん…」と言われてしまったことがあるので… その辺りは心配りが必要です。反省。

レッスンでも、ステージでも、音そのものの質がいいと、それだけでグッとクオリティが上がります。

いい材料を使うと、お料理がおいしくなるのと一緒かな。
その昔、美大の先生から「いいから試しにいい画材をつかってごらん。上手くなるから」と言われた事も思い出します。
全く、その通りと思います。

そんな訳ですごく気に入ってしまって、いっぱい揃えてしまいました。
ちなみに、これで全部ではありません……

(せんせ〜、こんなに集めてどうすんの と言われた鈴です。使うのよ!これ、全部!必要数なの!)
posted by kaorico at 20:56| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年07月25日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 6

このボードを全く使ったことのない生徒さんはいらっしゃらないんじゃないかというくらい、愛用している五線ボードです。

IMG_4019.JPG


もうず〜っと以前に退会された生徒さんの、お母様が作ってくださいました。
土台の生地はネル、音符はPペーパーという紙でできています。
いわゆるパネルシアターの材料ですね。

基本アイデアをお伝えしたら、こんなに素敵で、使いやすい形になって仕上がってきて、感激でした。

机や床の上で ぺたぺた と音符を乗せて、そのままピアノの譜面台に移動しても、乗せた音符は落ちません。
机の上で音読みをして、ピアノで音の位置確認… などという流れがスムーズにできます。それに、布製なので譜面台が傷つくこともありません。

これ、実は 中央ド の線も、上下の五線と同じ間隔で、白いラインを刺繍していただいています。
同じ間隔だと、加線の音符を教える時にとてもわかりやすく説明できるからです。

使い終わったら、取り外し出来る蓋付きポケットに音符達を入れて、ボードはパタンと二つ折りに、マジックテープで蓋付きポケットをぺたっとつけたら、お片づけ終了!

かわいいバッグになりました♪


IMG_4026.jpg



posted by kaorico at 14:21| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年07月12日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 5

IMG_3990.JPG


お問い合わせを頂いたので、幼児さん(2・3歳児さん)のレッスンで使うグッズの一部を、今日はご紹介したいと思います。

これは「数」「数字」をレッスンする時に活躍するグッズ達です。

2つ、3つ、と数えることもそうですが、2つ、3つという数を概念的に理解できるという事も、非常に大切です。

なぜ、とりあえず2つ、3つを判別できるようにしてもらうのかというと、2つ並んだ黒鍵と3つ並んだ黒鍵を判別してもらえないと「ド」の位置を自力で見つけてもらえないからです。

以前のレッスンで、生徒さんが並んだおはじきを「1つ、2つ、… 5つ」と数えて、「いくつあった?」の問いに「じゅう〜!!」とお返事してくれたことがありました。

その生徒さんにとっては、
「5以上」=「いっぱい!」
「いっぱい!」=「10」だったみたいです(かわいい!)

下の方に写っているカラフルなものは比較的初期に使い、上の方に写っているモノクロのものは おけいこ の仕上げに使います。
最初は、色がヒントになるように出来ているからです。

木のサイコロに数字が書いているものは、東急ハンズで買って来た木片に油性ペンで数字を手書きしただけのもの、手作りです。

サイコロもカードも、どうして 5 までしかないかって?
それは、指番号が5までだから。 

6から先の数字は、レッスンではしません、あしからず!
posted by kaorico at 23:44| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年06月25日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 4

2冊セットの、コンサート会場でのマナーについて描かれている布絵本です。

IMG_3965.JPG

ちゃんと うさぎ先生の姿も見えて、かわいいでしょう!
手触りも、ふわふわしていて優しい印象です。

そう、この布絵本は小山音楽教室オリジナル。
いつも舞台セットを作ってくださっている、生徒さんのお母様が手作りしてくださいました。
もう長年使っていて、教室のみんなにはおなじみです。

「おやくそく1」は、ホールやロビーで走り回ったりしないこと、
「おやくそく2」では、演奏中にホールへの出入りをしないことが、かわいく、 やさしく描かれています。

絵本効果か、小山音楽教室で開く「アンサンブルパーティ」や「小さなおさらい会」でのみんなのマナーは素晴らしく、聴きにきて下さった方から、いつもたくさんのお褒めの言葉をいただきます。

最近は「とにかくお行儀が良くて、びっくりしました!」という驚きの声の方が多いかもしれないくらいです。

イベントを終える度にいつも感じるのは、出演者も、生徒さんのご家族のみなさまも、会場のみ〜んなが どの演奏もしっかりと聴いてくださっていることです。
終了後に「どの曲がよかった?」と聞くと、プログラム全ての曲に必ず票が入っていくのが、小山教室のイベントの七不思議です。

本当に素晴らしいご家庭ばかり…と、いつも感謝、感謝のうさぎ先生です。

さあ、次の日曜日は「フレッシュプレイヤーコンサート」です。
フレッシュでは、他のお教室のお友達との出逢い、再会がとても楽しみ!!

この布絵本も、受付セットの中に、いつものように入れていきたいと思います。

posted by kaorico at 02:01| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年06月23日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 3

IMG_3952.JPG

これ、なんだと思います?
確か、アメリカのおもちゃなんですけど、簡単にぐぐっと大きくなったり小さくなったりするのです。
全体にもっと小さいものもあって、アメリカのドラマ(ERで、カーター先生が通りがかりのおもちゃ屋さんで手にしていました♪)に登場しているのも見た事があります。

IMG_3955.JPG


でも、構造が指を挟みやすいか何かで、確かもう販売されていません。
レッスンでは、これを動かすのは私だけなので(指をはさまないように…わたしの指は太いので〜柔らかいプラスチックにはさまったところで、なんともないんですが)さほど問題はありません。

IMG_3956.JPG

レッスンでは、音の強弱について学ぶ時に使います。
とある研修会で見て、これ欲しいっ!と思って探しまくって手に入れました。

とにかく変化がダイナミック!
フォルテ、ピアノはもとより、クレッシェンドもデクレッシェンドも、スフォルツアンドもお手のものです。
これを前にしたときの生徒さんの集中力もものすごい。

IMG_3957.JPG


クレッシェンド(だんだん大きく)ひとつとっても、なだらかなクレッシェンドもあれば、ふわっと丸いクレッシェンドもあり、後半急激にクレッシェンド!!もあり、そんな変化もこのおもちゃはばっちり“見える形”にしてくれます。

IMG_3958.JPG

レッスンもお友達と一緒だったりすると、もう大変!最後は汗かいて、きゃあきゃあ言っていたりします。

あれ、誰ですか、このブログを読む声がだんだん大きくなっているのは…

(誰も声出してなんて読んでませんって〜)


posted by kaorico at 20:29| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年06月19日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 2

IMG_3939.JPG

これは、穴にひもを通して遊ぶ、スイスのおもちゃです。
もともとはヨーロッパの女の子達が、刺繍に取り組む前のおけいこもかねて遊ぶおもちゃだそうです。

ピアノを弾くために、手先、指先が器用にこしたことはないと思い、教室に置いてあります。結構人気で、やり始めるとみんなすごい集中力で取り組みます。

ひもをつまんで、穴に入れる作業そのものが、3歳くらいの子供達にとっては、ピンポイントで意識を集中させる、いい経験になるようです。
表から入れて裏から出す、ということも、意外と勘違いしやすくて、ひもをからめちゃったり… (あの、ボタン付けで失敗した経験ってないですか?表から入れて、また表から入れちゃう、そんな失敗、わたしだけかなあ〜っ)

少し大きい子になると「このひもの長さで、どう全体を埋め尽くすか」と計算しだしたり「いかに、裏側も美しく仕上げるか」と考えだしたりします。
ううん、すばらしい!

ひもをつまむ作業には、利き手の1〜3指しか使わないので、両手の全部の指を使う遊びとして、いつも“あやとり”をお勧めしています。
“あやとり”は4、5指(薬指、小指)も単独でよく使うので、とてもいいと思います。

写真の、緑のポニーちゃんは誰が作ってくれたんだろう… ひもの長さもぴったり!ちなみにこれ、裏側もとてもきれいに出来ています。
お見事!!

posted by kaorico at 09:40| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ

2009年06月17日

うさぎ・こうさぎ部屋グッズ 1

ちょっとお久しぶりになってしまって、すみません!

これから少しづつ、かつて生徒さんから「こんなに集めてどうすんの」と突っ込まれた、お教室グッズの数々をご紹介していこうかな、と思います。


初回は、小さな絵本です。
五味太郎さんの「つかんでごらん」「あなからにげた」
2冊とも、手指を拡げるおけいこのために置いてあります。

1ページ1ページがとても厚い紙でできていて、ちょうど指が入るくらいの穴が、全ページを突き抜けて開いています。
「つかんでごらん」には、ページごとに かわいいトマトや、ふにゃふにゃのスライムのようなイラストが描いてあり、穴に指を入れると、そのイラストのものがつかめるようになっています。

紙に開いた穴に指を入れるだけなのですが、イラストが違うと、思わずそ〜っとつかみたくなったり、つかもうとするのに勇気が必要だったりして面白いのです。

“つかむ”のですから、通常は1、2指(親指と人差し指)や1、3指(親指と中指)でつかもうとする事を想定して作られていると思うのですが、教室ではそれだけではなく、わざと2、4指(人差し指と薬指)や3、5指(中指と小指)2、5指など、手の大きさや、拡げたい指に合わせて穴に指を入れてもらったりします。

こうなると、大人の手でも結構いいストレッチになります。
わたしも早速… つかんでみました!


NEC_0007.JPG

posted by kaorico at 09:33| うさぎ・こうさぎ部屋グッズ