2012年12月12日

ボランティアスピリットアワード フォーラム

前回更新からの続きです。

表彰式のインタビューで印象的だった言葉がいくつかあります。

「(活動が)報われないこともあって、へこんだ時もあるけれど、がんばってね!と声をかけてもらったら、がんばろうと思って続けることができた」
ああ、わかるわかる。わかるよ〜

「募金を呼びかけても素通りされるとすごく悲しいから、募金を呼びかけられるとつい募金してしまう」
それはあなたの優しさ以外の何ものでもない。いいなあ…

「メンバーが、少ない」
これもわかるわかる!少ないの、人がいないのよねー。

表彰式後のフォーラムでも、メンバーの人数について「一見多いけれどメンバー間で温度差がある」「実質稼働メンバーの人数でいくと不足している」などの声が聞かれたそうで、共感してしまいました。
(注:うさぎ先生、音楽教室以外でも実はボランティアいくつかやっておりまして、教室外の一部の活動について人手不足を痛感しています、教室内の活動についてはメンバーは充実していて有り難いことです)


さて、そのフォーラムのご報告に移ります。
表彰式後、受賞した生徒さん達だけ別室に移動して、交流会が行われました。

担当の先生はそのまま残って、ミーティングです。
“担当の先生”は、おそらくうさぎ先生をのぞいて全員が学校の先生でいらしたのではないかしら。

昨年は、この先生同士のミーティングの時間でいろいろと意見交換でき有意義だったのですが、今年はあまり他の先生方のお話を伺えず、ちょっと残念でした。

ミーティングを終えて、生徒さん達の交流会をのぞいてみると…

IMG_0817 交流会まゆ.jpg

真剣に意見・情報交換している様子。
拍手が沸き起こったり、笑い声で盛り上がっているテーブルもありました。

テーブルのひとつに、昨年のボランティアスピリットアワード米国親善大使を務めたSさんも参加されていました。
表彰式での彼のスピーチは本当にすばらしかったのですが、フォーラムでも気どらず、後輩に向けて謙虚で優しい言葉かけの数々はさすがでした。

中高生みなさんが、学校から一歩外へ出て地域社会の中で活動することで、地域の人との繋がりが生まれ、そこに居なければ得ることのできなかった情報を得て、見えない大切なものに気付くことができて、さらに「そうだよね」と共感し合うことのできる仲間も得ることができる。 

そんな経験を通じて、それぞれに現状社会に対しての問題意識を持った若い世代のみなさんが社会に出て行くのはそう遠い未来ではありません。みなさんが、よりよい社会を築いていってくれることを期待して。

フォーラムも終えて、みんなで神戸ルミナリエを見て帰りました。

IMG_0834 神戸ルミナリエにて.jpg

みんなで見る事ができて、うれしかったな!
(もちろん、募金も忘れませんでした♪)




posted by kaorico at 21:39| 日記

2012年12月11日

ボランティアスピリットアワード表彰式 

12月9日(日)雪の舞う神戸で開催された、ボランティアスピリットアワードの表彰式に参加してきました。

ボランティアスピリットアワード(主催:プルデンシャル生命 他)は、12歳〜18歳の青少年の様々なボランティア活動を応援・支援するもので「表彰」「仲間との交流」「情報発信」が3つの柱となっています。

昨年に続いて小山音楽教室ボランティアチームは関西ブロックのコミュニティ賞を受賞しました。
日頃学校生活と両立させながら、チャリティコンサートなど大きなイベントに取り組んでくれた生徒さん達です。
草の根の、地道なボランティア活動に “ごほうび” を頂けることは、とても有り難く、そして晴れがましく思います。

会場に着くと、まず大きな拍手と「ありがとう!」の声で迎えられ、なんとなく気恥ずかしいような気持ちで客席に着きました。
(生徒さん達の受賞なので、うさぎ先生が恥ずかしくなる事はないんですよね…あらら恥ずかしい)

まず、表彰状とメダルの授与です。

IMG_0799 メダル授与.jpg


インタビューも受けました。
昨年の受賞でいただいた支援金と合わせ、楽器メーカーの助成制度に応募してチャリティコンサート開催費用に充てたことをお話しました。
コツは「(申請金額を)欲張らないことかな」というチームリーダー発言に「今どきっとしました」と司会者さん。
(大人は、すぐに欲張っちゃうものね…)

IMG_0800 表彰式インタビュー.jpg

大きなステージだったので、活動紹介の写真もとても大きく映し出されました。
共演したびぃぐっどちゃん、お世話になったリレーフォーライフ芦屋のスタッフのみなさん、いつも来てくれるS君の姿も、たくさんの皆さんに見ていただけてよかったです。

表彰式では中高生のボランティア活動の幅広さ、インタビューでの受賞者のことばや、受賞者OBのコメントなど、印象に残るものがたくさんありました。
(これについてはまた後日書きます)

表彰式の最後はみんなで記念撮影です。

IMG_0805 よいしょっと!.jpg

この表彰式そのもの、主催会社の社員さんが“ボランティア”で運営されているそうです。
ブルーのベストが運営スタッフさん達。
よいしょっと!とがんばってくださっている姿に、お疲れさまです、ありがとうございます。

表彰式終了後、
メダルと賞状はチームでひとつなのでリーダーからMちゃんに ♪

IMG_0819 まゆちゃんにメダル!.jpg

「ありがとう」って言ってもらえることほど、うれしい事はないよね。

IMG_0821 3人で!.jpg

表彰式に参加できた3名の他に、一緒に受賞したK君、Kちゃんには、教室で授与式をしましょう!
みんなで今後のことも、話し合わなくてはなりません。


表彰式の後は、ボランティアスピリットアワード2本目の柱である「仲間との交流」の時間があったので、また別途ご報告します。
posted by kaorico at 19:52| 日記

2012年12月07日

アンサンブルパーティー10 名場面集2

12月2日の名場面集、第2弾です。

アンサンブルパーティーでは、開演のベルを小さな生徒さん達に鳴らしてもらっています。

こちらは第2部のはじまりのベル ♪

DSCF4432 はじまりのベル2部.jpg
開演をお知らせするという重要な役割のベル。みんながんばっています!


ピアノ以外の楽器も使います。
小学校1年生までの生徒さんで演奏した「クリスマス☆メドレー」、1曲目ではフィンガーシンバルを

DSCF4472 フィンガーシンバル.jpg

2曲目ではペットボトルを!ミュージックベルも使っています。

DSCF4481 リトルドラマーボーイ.jpg


DSCF4484 ペットボトルトリミング版.jpg


メドレー3曲目は、楽器をお花に持ち替えて、お客様のもとへ届けに行きました。

DSCF4490 天使のお花配り.jpg
ほんとにホンモノの天使ちゃんです。
高校生と大学生の生徒さんが、客席のみんなを優しくリードしてくれています。

メドレーだけではないのですが、舞台裏は中学生から大学生の生徒さん達が、それぞれ役割をもってきっちりこなしてくれています。
表には見えない事も多いけれど、舞台裏の生徒さんの活躍は本当にすばらしいものです。
(とにかくみんな優しくて明るくて、仲が良い!)

大きな生徒さん達に支えられて、発表会が初めての生徒さん達みんながんばりました。
みんなに拍手!!

posted by kaorico at 23:09| 日記

2012年12月04日

アンサンブルパーティー10 名場面集1

12月2日(日)、10回目のアンサンブルパーティーが終了しました。

みんな本当にがんばって、楽しいステージにできました。
改めて、今回もたくさんのご理解とご協力をいただきましたこと、本当にありがとうございました。

ステージデビューだった生徒さんも、リハから格段に成長して立派な演奏でした。
先輩の生徒さんも、ずっとステージ裏でそれぞれの役割を果たしながら、自分自身の演奏もしっかりこなしてくれて、大したものです。

“ぐー”や“ぱー”、一本指での演奏から、ショパンやドビュッシーまで一気に並ぶ第1部のプログラムは(自分で組んだプログラムなのに)なかなかすごいなと思ってしまいました。ピアノを学ぶ過程が見えるようでもありました。

オールクリスマスプログラムでまとめた第2部も、たくさんの名場面がありました。
順次、お伝えしていきたいと思いますが今日はラストのワンシーンを1枚!

リレーラスト スクリーンショット(2012-12-03 23.31.jpg
クリスマスパーティはおおさわぎ!!

恒例のリレー連弾、タイトル通りの雰囲気と笑顔です。
みんな一緒に、一足早いクリスマスでした☆
posted by kaorico at 16:01| 日記